大人ニキビの正しい治し方

大切な日にニキビができることよくありますよね

大切な彼とのデートの前日や、旅行中に、顎やフェイスラインにニキビができると、憂鬱な気分になっていまします。

例えば、デートの前日に、コラーゲンドリンクを飲んだら、顎などにニキビができてしまったことはありませんか?原因は、コラーゲンではなく、腎臓や肝臓に負担をかけてしまったことが主な原因です。

コラーゲンの摂取量は1日に5g~10g目安です。

肌に良いからといって、頻繁にコラーゲンドリンクをのんだり、コラーゲンたっぷりの手羽先や豚の角煮などを食べていると、カロリーオーバーになってしまうんです。

また、夜更かしをして、睡眠不足が続いたりしてもニキビができてしまいます。

赤くポツっとしたニキビができると、ファンデーションを厚塗りしても隠れませんし、余計に酷くなってしまいます。

ニキビは、お手入れ方法を間違えると、炎症したり色素沈着を起こして跡が残ってしまいます。

正しい治療方法で、ニキビをきれいに消してしまいましょう。

ニキビは普段の生活環境と大きく関係しています

ニキビは、不規則な生活習慣や偏った食生活をしていると、できやすくなります。

睡眠不足になると、血行不良を起こして肌への栄養がしっかりと行き渡らなくなります。

そして、肌のターンオーバーやホルモンバランスの乱れによって、古い角質が毛穴に溜まり、皮脂と混ざり合い雑菌が繁殖し、ニキビができやすくなってしまうのです。

それから、揚げ物やファストフード、甘いもの、スナック菓子、インスタント食品の食べ過ぎは、ニキビを悪化させてしまいます。

糖質を分解するためには、ビタミンB1が必要となりますが、蠕動運動にもビタミンB1が必要です。

しかし、糖質を分解するためにビタミンB1が沢山消費されてしまうと、蠕動運動に必要なビタミンB1が不足して、便秘になってしまいます。

便秘が続くと、老廃物が溜まって、ニキビができやすくなってしまいます。

更に偏った食生活は、腸内の悪玉菌を増やして、太りやすくなるファーミキューテスという腸内細菌を増やしてしまいます。

ニキビの部分をよく洗顔するのは間違いです

ニキビを治すために、1日に何度も洗顔をするのはよくありません。

何故なら、肌に必要な皮脂も取り除かれてしまって、余計に皮脂が分泌されてしまうからです。

ニキビができてしまった肌には、しっかりとした保湿ケアが重要なのです。

知らずに、洗顔を頻繁に行っていると、乾燥肌を通り超して、敏感肌になってしまいます。

敏感肌になってしまうと、肌に化粧水を付けただけでも沁みて、痛みを感じてしまいます。

ヒリヒリする場合は、朝はぬるま湯ですすぐだけにして、夜は通常通り洗顔料で洗うと、肌の皮脂バランスが整ってきます。

洗顔料は、保湿成分が配合されたものをえらんで、泡立てネットを使って泡をしっかりと立て、泡の弾力だけで優しく洗い上げましょう。

すすぐ時は、人肌くらいの温度が適温です。

温度が高過ぎると、皮脂が取れやすくなってしまうからです。

ニキビの炎症が酷い場合は、グリチルリチン酸が配合された洗顔料を使用すると、炎症を抑えることができます。

当サイトでは肌に優しい肌ケア商品を紹介します

ニキビに効果のある成分は、グリチルリチン酸、サリチル酸、ビタミンC誘導体、イオウなどがあります。

ニキビの炎症を抑えたり、殺菌作用がある成分は、患部を清潔にして、ニキビの治りを早くしてくれます。

保湿も大切ですが、繰り返しできてしまうニキビや、炎症して悪化したニキビにはニキビ専用の化粧水などを使用するのが一番です。

逆に、ニキビがある場合はアルコール成分が入っている化粧水は皮脂を抑え過ぎて、皮脂の過剰分泌を引き起こしてしまうので気を付けましょう。

また、ピーリング効果のある洗顔料は、肌がツルツルになって気持ちが良いですが、角質が取れ過ぎて肌に強い刺激を与えてニキビも治りにくくなってしまいます。

センシティブな状態になっているニキビ肌に効果のある商品は、たくさんあってどれにしたらいいか迷ってしまいますよね。

お肌のバリア機能をアップさせ且つ、肌のターンオーバーを促す効果のあるお肌に優しい商品をご案内します。

あなたもニキビケアをして肌コンディションを整えよう

ニキビを長引かせないためには、体の内側からのケアも大切です。

栄養バランスが偏った生活が続いたかなと、思ったらマルチビタミンなどのサプリを飲んでおきましょう。

ニキビができてしまう前にケアをするのがポイントです。

生理前にニキビができやすいといった場合は、ホルモンバランスが乱れていることが原因です。

ホルモンバランスを整えるチェストベリーや、大豆イソフラボンが配合されているサプリメントが有効です。

それから、リンパマッサージをして、老廃物を押し流すと、ニキビができにくくなりますし、顔のむくみがとれて、スッキリした顔になります。

また、甘いものや炭水化物の摂り過ぎは、便が硬くなって便秘になり肌荒れの原因となりますので気を付けましょう。

また、普段頬杖をついたり、顔を触るのが癖になっていると、顔に雑菌が付きやすくなってニキビが悪化しやすくなりますので、顔は触らないようにしましょう。

何よりも、ストレスを溜めずにリラックスして生活をすることが大切です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ