大人ニキビの正しい対処法!徹底解明ニキビを減らすには!!

大人ニキビの正しい対処法!徹底解明ニキビを減らすには!!

ニキビについて

ニキビは思春期を中心にできはじめ大人になっても悩まされる肌トラブルの一つです。
ニキビとは尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)という一つの皮膚病の一種です。皮膚の病気の一種なのであまりにもひどい場合は病院の皮膚科にかかかる必要もあります。

しかし、医療機関に行っても生活習慣や食生活によりニキビが出来る場合がほとんどなので対策と治療が引き続き必要になります。
当サイトではニキビ対策を中心にどうしてニキビが出来るのか、どうやったらニキビが治るのか、生活習慣や食生活の改善提案を具体的にまとめて紹介しています。

個人的におすすめの商品をランキングにしました!

1位 proactiv+ プロアクティブプラス

プロアクティブ

  • しっとりうるおう内側から輝く肌へ
  • そのニキビ諦めますか?それとも美しい肌を手に入れるために努力しますか?
  • ニキビの無い誰もが羨む肌を手に入れませんか?

ニキビができにくいクリアで健康的な肌作りを助け、有効成分サリチル酸配合、加えて肌に優しいソフトスクラブで古い角質や余分な皮脂を落とし植物由来の保湿成分配合で潤いの与え、しっとりとしたモチ肌にしてくれます。

お客様満足度も高く、今後も継続して使用したいと答えた方が100%(2014年度調べ)

毛穴を引き締めなめらかで透明感のあるうるおい肌へと整えてくれます。
ビタミンC誘導体がメラニンの生成を抑えずみずみずしい肌へと導いてくれます。

2位 Eclat Charme エクラシャルム

エクラシャルム

  • 肌を作る3つのメカニズム!
  • 簡単これだけ!忙しいあなたもすぐ出来る!
  • お肌のプロ3人が全監修!
  • うるおいのある美肌になって女子力UP!!

ダブル保湿と呼ばれる美容成分をナノ化する事で肌の奥角質層まで浸透し外側から肌の表面をコートつまり保護します。そうすることで肌のうるおいを閉じ込め保湿します。
これ一つで肌を健康に保つ役割を担ってくれる優れものです。

3位 Palclair パクレールジェル

あごニキビ

  • 8つの役割をこれ1つに!
  • 大人ニキビの原因を強力にシャットアウト!
  • 今日からはじめる新習慣!
  • あなたの肌にあらゆる角度からアプローチ!

高性能成分プラセンタとニキビケアで有名なアラントインを高濃度で配合し、ダブルの有効成分で大人のニキビを徹底ケアし、天然成分14種類を贅沢に配合し、肌を保湿します。
ニキビの原因を徹底ブロックでき肌の潤いやターンオーバーを促進する為の美肌ジェルです。

4位 Non A. ノン・エー

ニキビ洗顔石鹸

  • 7万人以上の相談を分析し、日本人の肌に合わせました!
  • たっぷりのうるおい成分とクッション洗顔でお肌にやさしい!
  • ニキビのできにくい肌に変身!
  • 約4倍の弾力で肌をやさしく包み込む!

肌トラブルの相談7万件以上を分析、開発したニキビ予防石鹸です。

通常の石鹸の4倍以上の弾力を持ち、うるおい天然成分、22種類のアミノ酸や栄養素を含むロイヤルゼリー、1gで約6リットルもの水分を吸着する天然保湿成分であるヒアルロン酸、細胞膜・涙の成分から開発された持続成分の高い成分で潤いや外刺激から守るリピジュアたっぷりでさらに肌にやさしいクッション洗顔で肌も守ってくれます。

5位 la mutde ラ・ミューテ

保湿

  • 敏感肌の根本原因にトータルアプローチ!
  • トラブルに負けないうるおい肌へ!
  • 自分のすっぴんが好きになる!

ダマスクローズのやさしい芳醇な香りと女性ホルモンのセルフケアを合わせて行いカラダの内側から美を引き出します。ナノ保湿成分で潤いを与え、3種ヒト型ナノセラミドやスクワランで肌のバリア機能をサポートします。

肌を乾燥から守り、角質層で3種類の細胞間脂質の合成を促進するメバロノラクトンという成分で使うほどに肌が強くなります。

*注意*このランキングは当サイト作成者の主観的なランキングとなります。判断基準は認知度と値段を含めた求めやすさとクオリティを総合的に判断したものです。
効果度の高い商品ランキングではありません。あくまで総合的に判断したお勧めの商品順位です。

そもそもなぜニキビができるのか?ニキビが出来るとどうなるのか?

ニキビは予防治療に加えて増やさない事がニキビケアの基本です。食生活や生活習慣だけでなくストレスもニキビができる原因の一つです。
しかもニキビはできる場所によって体調の変化を表わしている事もあります。予防と改善のためにもできる場所にも着目しましょう。

体のパーツ別ニキビができる場所で体の変化がわかる

顔や体に出来るニキビには箇所に世手体のコンディションや不調を確認することができます。今回はパーツ別に紹介したいと思います。

おでこに出来るニキビ

ホルモンバランスが乱れている

生活習慣や食生活の乱れ、睡眠不足によるホルモンのバランスが崩れているサインです。野菜や食物繊維をしっかりと取り規則正しい食生活を心がけましょう。

ニキビのせいでおでこを隠す!!

ニキビのせいでおでこを隠していると残隊的に顔の印象が暗く、髪の毛や帽子で蒸れてしまい余計な皮脂を分泌する事があるので控えるようにしましょう。

眉間に出来るニキビ

肝臓の機能が低下している

飲酒が原因で肝臓の機能が弱くなっている事が考えられます。お酒は飲みすぎないようにし、健康には十分に気を付けて下さい。

メガネなどで隠してしまう!!

メガネなどで眉間のニキビを隠す方がいますが、かえって炎症を広げてしまう可能性があります。
炎症している個所を傷つけると黒ずみや跡が残る原因にもなるので極力傷つけないようにしましょう。

こめかみに出来るニキビ

ストレス・肉体疲労

こめかみにニキビがポツポツと出来ている時はストレスをため込んでいる時や肉体が疲労しているサインかもしれません。
生活の中で少しでもストレスや疲労を少なくし、ホルモンのバランスを調整する必要があります。

シャンプーのすすぎ残しや洗顔不足による過剰な皮脂分泌が原因!!

シャンプーをした時のすすぎ残しや洗顔の際にきちんと洗えていないと、こめかみのニキビを作りやすくなります。
シャンプーや洗顔の洗い残しやすすぎ残しには気をつけましょう。

頬っぺたに出来るニキビ

肝機能が低下している

毒素を分解してくれる肝臓はその働きが弱ると毒素が体内できちんと分解されずに肌に影響を及ぼす事でニキビを作ってしまう事があります。
疲れている時はお酒を飲みたくなるものですが、飲み過ぎには注意し、体をしっかりと回復させましょう。

頬に出来るニキビを手でつぶしてしまう!!

ニキビが出来た時に方に出来ているニキビを潰した事がある人はかなりの数いると思いますがそれは大変危険です。
炎症を起こしたニキビは赤くなりそこからバイ菌が入る事があります。するとニキビ跡が消えずいつまでも残る事があるのでやめましょう。

鼻の下に出来るニキビ

ストレスや不規則な生活が原因かも

心身ともにリラックスできる空間や習慣を作る事で体のリズムを正常に戻す事が出来ます。
生活のリズムが崩れている時は睡眠や食事をしっかりとる事により改善しましょう。

男性はひげを剃る時に注意!!

男性の場合はひげを剃る際にニキビを傷つけないように特に注意が必要です。
仕事がらひげを剃らなくてはいけない職業の方は大変ですが毛抜きなどでひげを抜く事も検討した方がいいでしょう。

口周りに出来るニキビ

胃腸が弱っているまたはホルモンの乱れ

規則正しい食生活と生活習慣、十分な睡眠時間を心がけて、暴飲暴食を避け、野菜や食物繊維などの栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。

口周りのニキビを隠すためにマスクをしてしまう!!

口周りのニキビを隠すための手段としてマスクを付けることで一時的に隠す事はできます。
ですがマスクの内部が蒸れる事により周辺の皮膚の温度が上昇し、余計な皮脂を分泌する恐れもあります。
ニキビの原因は突き詰めると皮脂が原因になる事が多いのでそこに気をつけましょう。

顎に出来るニキビ

ホルモンが乱れているまたは婦人科系の病気の可能性

フルーツや野菜をよく噛んで食し、ストレスを少なくするためのケアをする必要があります。体の外だけでなく内側からきれいにするケアがとても重要です。
あまりにもひどい時は病院で相談してみるといいでしょう。

洗顔不足や食生活を気をつける!!

顎のあたりは洗顔で洗い残しや洗浄不足になりやすい個所です。しっかりと洗顔で皮脂や汚れを落とし奇麗な肌を手に入れましょう。

アクネ菌とニキビの関係

ニキビと聞くとアクネ菌をやっつけようという言葉をよく耳にする事かと思いますが、アクネ菌とは何か?

アクネ菌とは
アクネ菌は正式名を“Propionibacterium acnes”「プロピオバクテリウム・アクネス」と言います。
このアクネ菌は健康な肌を持つ方にも存在し、どんな人の肌にもいます。

このアクネ菌は皮脂が大好きで、酸素が嫌いな菌です。
なので人の皮脂が多い部分である"顔”、"胸”、"背中”に多く存在します。
一般的に思春期を迎えるとニキビが増える原因となるのがホルモンの働きが活発になる事により、皮脂の分泌が必要量を超えて分泌されます。

皮脂などで汚れた皮膚や毛穴にアクネ菌が住みつき増殖してしまいます。アクネ菌は皮脂を分解して脂肪酸を作り出し、これがニキビの赤みの原因と言われています。
加えて、アクネ菌が分泌するポルフィリンという物質が紫外線により活性酸素を発生させ炎症や皮膚破壊をする働きがある事が最近の調査でわかってきました。

ニキビ予防で大切なのは必要以上の皮脂の分泌を抑え、保湿をし、肌を清潔に保つ事が重要です。

ニキビ改善をする上で大切なのは食生活と生活習慣

ニキビに効く食べ物

栄養素 食品
ビタミンA 鶏のレバー ウナギ ホタルイカ 筋子
ビタミンB群 シソ ニンジン ホウレンソウ 春菊 カボチャ
ビタミンC パプリカ パセリ 芽キャベツ ゴーヤ レッドキャベツ
ビタミンE アーモンド へーゼルナッツ オリーブオイル あん肝
亜鉛 かき ウナギ チーズ 大豆食品

食物繊維

不要性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類がある

不要性食物繊維

ごぼう、菜のはな、豆類、切干大根、など
私たちが普段食物繊維と聞いて思い浮かぶ食品が代表的なものです。噛みごたえがあり、いかにも繊維質で体に良さそうなのが不要性食物繊維を多く含む食材です。

胃や腸内で水分を吸って膨らむことで腸を刺激します。すると蠕動(ぜんどう)運動という腸内の動きが活発になり、便通を促進してくれます。
さらに大腸で分解、発酵されるとビフィズス菌などが増殖し腸内環境が良くなります。腸内環境を良くする事で栄養成分を効率的に体に取り入れる事ができます。

逆に言えば腸内環境が悪い人は良い人の比べて食品から得る効果が低いとも言えます。
上記の食材は意識して摂取している方が多いのですが次に紹介する食材はあまり食物繊維という意識が一般にはうすく気がつかぬ間に摂取している場合が多いです。

水溶性食物繊維

オクラ、アボカド、キノコ、海藻類、などが代表的なものとなります。
主にネバネバしているものとヌルヌルしているものに分かれます。粘着性があるため体の中をゆっくりと移動します。

その為お腹かがすきにくく、食べすぎを抑制してくれます。加えて糖の吸収を緩やかにし、食後の急激な血糖値の上昇を抑えてくれます。
またコレステロールや胆汁酸を吸着、体外へと排出してくれます。不要性の食物繊維ほどではありませんが同じように腸内で発酵し、ビフィズス菌を増やしてくれます。

この2種類の食物繊維を一緒に取り入れるなら水溶性と不溶性1:2が理想的です。

食物繊維を効率的に摂取できるお勧めの料理を紹介します。

  • ひじき入りの卯の花
  • 切り干し大根と人参の煮物
  • きんぴらごぼう
  • とん汁
  •  など

    仕事が忙しくなかなか自炊が厳しいという方はコンビニでもお手軽に変える食物繊維たっぷりの総菜やおかずがあるので紹介します。

  • オクラとひじき山芋と海藻が入っているネバネバサラダ
  • アボカドのコブサラダ
  • なめこの味噌汁
  • 豆のサラダ
  •  など

    洗顔のしすぎや皮脂の取り過ぎが招く意外と知られていない落とし穴!!

    ニキビの原因の一つに洗顔時の皮脂の取り過ぎという事が考えられます。
    皮脂はあり過ぎは困りますがないと肌を守れないため必要量お肌には皮脂が必要です。


    肌→「あれ?!!皮脂がない??!!」
    「まずい!肌を守らなくては!!」
    「皮脂達よ出動せよ!!」


    皮脂達→「イエッサー!!!」

    といった具合に防衛機能が働き体内から皮脂が過剰に分泌されてしまうのです。
    これではいくら洗顔をしても効果は薄れるどころか逆効果です。肌の油分を取りすぎない洗顔を心がけましょう。

    洗顔のポイント

    洗顔のやり方一つでその効果を全くダメにしているパターンがあります。
    間違った洗顔をしているとニキビはどんどん悪化するだけでなく、むしろ新たに肌トラブルを引き起こす可能性もあります。下記の事を踏まえて正しい洗顔をしましょう。

    1. まず手を洗う
    2. 洗顔フォームや洗顔料を使わずに水で顔を洗う
    3. 洗顔料をネットなどでしっかりと泡立てる
    4. 顔を泡でやさしくなでるように洗う
    5. ぬるま湯で泡を流す
    6. 清潔なタオルでやさしく水分を拭き取る
    7. 保湿をする

    以上です。これなら1回5分程度で終わります。仕事で遅くに帰宅してもこれなら寝る前や朝も時間を取られることもないですよね♪♪

    1.まず手を洗う
    洗顔する時洗顔する手に汚れが付いていると手に付いた菌を顔に塗りたくる事になります。
    清潔な手で洗顔するようにしましょう。

    2.洗顔フォームや洗顔料を使わずに水で顔を洗う
    これも1と同じようにまず顔を奇麗に洗い汚れを落とす事で洗顔料が効果的に機能します。
    必ず行うようにしましょう。

    3.洗顔料をネットなどでしっかりと泡立てる
    洗顔料を泡立てる時は出来ればネットを使用しましょう。

    最近は球体状のネットがあり、非常に細かい泡がたちます。
    洗顔の時に大切な事の一つにいかにキメの細かい泡を作る事が出来るかが勝負です。

    4.顔を泡でやさしくなでるように洗う
    ステップ3で出来あがったキメの細かい泡でなでるように顔を洗いましょう。
    ツメを立てたり、ゴシゴシしてはいけません泡を塗る感じで顔全体を洗いましょう。

    5.ぬるま湯で洗い流す
    30~35度のぬるま湯で泡を奇麗に洗い流しましょう。熱いお湯で洗うと必要以上に顔の油脂を流してしまう恐れもあるので控えましょう。

    ただ人によって皮脂の量は異なるので肌が敏感な方、乾燥肌の方は水で洗う方が良い場合がありますので、一度様々な温度で試してみましょう。
    自分の肌に合った温度を見つけましょう。すすぎ残しのないようにもう十分かな?
    と思うくらいしっかりすすぎましょう。ここでは肌をこする必要はありません。あくまで泡を流すようにやさしく落としましょう。

    6.清潔なタオルでやさしく水分を拭き取る
    泡を流したら清潔なタオルで水分を拭き取りましょう。ここでもごしごし拭き取ってはいけません。
    顔にタオルをくっつけるようなイメージでやさしく、押しつけるようにしましょう。

    7.保湿する
    水分を拭き取ったら保湿しましょう。
    保湿が一番効果的と言えるタイミングはお風呂上がりです。お風呂上がり洗顔はするようにしましょう。

    肌に一番水分が補充されているのは入浴後です。
    その後は肌から水分が蒸発していく一方なので水分が十分あるうちに保湿してしまいましょう。