ニキビを治してニキビが出来にくする!お勧め対策3選!!

1.ニキビを治すには

ニキビは青春時代のシンボルとも言われますが、青春時代で済まないニキビ肌の人が多くいると言われています。
自身もそれは例外ではなくて、大人ニキビで悩んでいた時期もありました。

自分なりに様々な対策を研究したり、ニキビに良いもの、良くないものをきちんと知った上でニキビを治すことに専念してきました。
まずは出来たニキビを治すには、根が深く同じ場所に繰り返し出来てしまうニキビの場合は皮膚科に行くことをお勧めします。

私自身は以前どうしても同じ繰り返す大きな赤ニキビを根から切ってもらうことで繰り返すことはなくなりました。
皮膚科によって処置や治療は様々ですが、皮膚科へ行った方が良い場合のニキビもあると感じました。

次に自宅でニキビを完治させるには、一番初めにする事は顔を清潔にする事なのですが、清潔にした後にも関わらず無意識でニキビを触っていることがある事に気が付いたのです。
その事は皮膚科でも注意をされましたし、ネットのニキビを自宅で完治させるの項目でも何度も見かけた注意事項でした。

自分の中ではニキビになんか触っていないと思っていても、テレビを見ている時やネットで動画を見たりしている時は無意識で触っている場合が多いと分ったのです。
まずはニキビやニキビ跡を触ることは絶対に控えたいので、私はテレビを見ている時や動画を見ている時は薄い手袋をはめて触る習慣をやめることをしました。

ニキビを触らないことでかなり治りも早かった様に感じます。

2.食べ物や飲み物に見直す

次にニキビと切り離せないのが食事や飲みもののことです。食べる事や飲む事は生活の一部なのでその一部を見直すことが最も重要と感じました。
まずは私が大好きな辛い成分ものや辛い食べ物はとにかく暫く辞めました。

例えばキムチや何にも入れたいラー油やタバスコを控えてみたり、炒め物に使う唐辛子を完全にカットしたり出来る事から始めました。

次にジュースが大好きなので、食事中やお風呂上りは毎日決まって炭酸入りのジュースを飲んでいましたが、それも全て辞めて麦茶や白湯、どうしてもジュースが飲みたい時は100%のジュースにしました。

食べ物飲み物を見直すだけで断然ニキビが出来にくくなった様に感じています。

3.乾燥はニキビのもと

ニキビが出来てしまう原因は一番の関係が肌の乾燥と言われているそうです。なので夏場でも保湿を徹底的にするようにしました。
お風呂上りはまず濡れた肌にオイルを1滴たらして顔を潤わせます。その後にゆっくり肌のケアをする事で乾燥とは無縁になった気がしています。

肌が乾燥しないとニキビも出来にくくなったと感じています。
これらの対策でニキビが出来にくくなった肌になっていると感じているので、続けていきたいと思います。