ニキビになるわけと原因!予防対策について3点で紹介!!

1.ニキビ予防の前に知っておきたいこと

まずニキビを予防するにあたり、なぜできてしまうのかを理解しておきましょう。
ニキビとは思春期により発症する主に10代前半から後半にかけて悪化しやすくなっています。

皮脂分泌の過剰から毛穴の角層が厚くなり、毛穴に皮脂が詰まってニキビになってしまいます。
医学的には瘡と呼ばれるニキビは実に多くの方が経験することとなります。

症状としてはホルモンバランスの乱れ、洗い残し、自律神経の乱れ、ストレス、皮脂過剰分泌、脂質の摂り過ぎ、便秘、貧血、カルシウム不足、コレステロールの過剰など色々なことからニキビになってしまうようです。

またニキビには白、黒、赤、紫と順を追うごとに悪化してしまうので、万が一無理に潰してしまうようなことをしてしまうとニキビ跡にもなりかねません。

2.ニキビの原因は大きく分けて二つからなります

ニキビといっても二つのことから考えられます。
まず皮脂の過剰分泌による思春期ニキビでは性ホルモンの働きが活発化して皮脂分泌が過剰になってしまい、それが毛穴を詰まらせてしまいます。

毛穴がふさがれば皮脂が溜まりアクネ菌が増殖するというわけです。

また二つ目としては成人ニキビがあり、これは栄養が偏ると皮脂が過剰分泌してニキビになりますので偏った食事、つまりファストフード、スナック、脂っこい食べ物などはニキビになりやすくさせてしまいます。

便秘はニキビを作ってしまう原因の中でもかなり大きく、そのため食物繊維を摂取することや下剤なども服用すると良いでしょう。
睡眠不足もまた同じことが言え、22時から深夜の3時ごろの間にお肌は作られるのでとても大切な時間帯とも言えます。

お肌の洗浄不足もまた誘発してしまう原因ですからクレンジングはしっかり行い皮脂を過剰に取り除かないことが大事です。

3.ニキビ予防と治療法に大事なポイント

ポイントとしては洗顔前に手を綺麗に洗うこと、それから泡をしっかりと作り泡で洗うようにします。

泡であるので傷つくような洗い方は決してしてはいけません。
それは逆にお肌を痛めてしまいます。

また人肌程度の温かさのお湯を使用しましょう。
タオルで拭くときも同様に水分を吸い取るような感覚で拭き取りましょう。

化粧水だけではなく保湿クリームを使うのも効果的です。
こうしたことを続けているとニキビそのものもできることもありませんので、できるだけ規則正しい生活と正しい洗顔法を行うように心がけてください。