中年のニキビを予防するなら穀物酢やリンゴ酢を使おう

中年でもニキビができます

思春期の学生に圧倒的に多いのがニキビですが、20代を超えてもニキビができ、30代、40代を過ぎてもできてしまうものですね。

できる原因はアクネ菌に感染するという意外に、男性ホルモンが過剰で皮脂を増やしてしまったり、食事で脂っこいものばかり食べたり、ストレスが大きいことが影響しています。

中年のニキビって、なかなか治りにくかったりすることもありませんか。

やっぱり年を重ねてからだと治癒力も落ちているのでしょうか。

それはそれで悲しい現実ですが、中年ニキビをあっという間に改善する方法があります。

それは酢を使うという方法です。

ニキビには穀物酢やリンゴ酢を使ってみては

ニキビにお酢が良いという話は聞いたことがありますか。

酢は酸っぱい臭いがして、普段から敬遠してしまう人もいるでしょうか。

しかし実は、肌の細菌を殺菌するにはとてもよい効果を持っています。

酢はクエン酸やアミノ酸といった人体にとても良い成分を多量に含んでいますし、疲れを取るのに効果的なことも知られています。

しかも肌の菌の除去には効果てき面なのです。

とくにリンゴ酢は強い殺菌成分があり、肌の雑菌は確実に消滅させることができます。

ニキビに効き目がある意外にも、酢やリンゴ酢を肌に塗ると、シワを取ったり美肌効果もあるのをしっていますか。

勿論酢を使った後はクリームでケアする必要があるでしょう。

酢でニキビ撃退はどんなふうに使ったら良いのか

使い方としては更に少量の酢かリンゴ酢を取り、3倍以上に薄めて使います。

スプーンで図りながら計測すると良いでしょう。

酢の入っている容器によっては、ドボドボといっぱい出てしまう出口の形状になっていますから、ストローを酢の中に差し込んで、ストローの先端を抑えて適量を取るといった方法もおすすめです。

水を加えて薄めたら、指先を浸してニキビの気になっている部分に塗ってみてください。

適量を塗ったら1分くらいはそのまま放置します。

酸っぱい臭いが広がりますが、ニキビをやっつけることができるのだからちょっと我慢します。

1分程度経過したら、流水で洗い流してください。

目に見えてすぐにニキビが消えるというよりは、徐々にニキビが消えていくと実感できるはずです。

一日に1回でも2回でも納得いく回数を行ってください。

酢やリンゴ酢の使い方ですが、気をつけたいところもあります。

たとえば目に入ってしまうと、まぶたの中でヒリヒリとした刺激を受けることになってしまいます。

この辺りに注意を払って、改善に努めていくべきでしょう。