ニキビ

ニキビの治し方

思春期に一度は悩まされるニキビ。思春期に出来る大きな理由はホルモンの分泌が活発になることによる皮脂の過剰分泌が原因である場合が多いです。
皮脂が過剰に分泌されることで毛穴に油が詰まります。その状態が悪化してニキビはできます。

しかしながらこれは一般的なニキビの出来方でニキビが出来る原因はそれぞれ違います。それに応じた治し方や対処法を取ることで効果的にニキビを治す事ができます。
作らないにこしたことはありませんが、できてしまった場合は治療が必要です。今回はニキビが出来てしまった時の治し方について紹介します。

ニキビ跡のケア

ニキビが出来てしまうと潰してしまう人がいますが、それは厳禁です。間違った対処をしてしまう事でニキビ跡が出来てしまいます。
このニキビ跡は非常に厄介でいつまでも残ってしまう事があります。それを解決するには肌のターンオーバーを促進していくしかありません。

思春期やある程度若い時期に出来たものであればターンオーバーも活発に行われているので治りが早いです。ニキビ跡がある人は早急に手を打ちましょう。

ニキビとは何か

ニキビとは何なのか?ニキビが出来る原因は簡単に言えば皮脂づまりなのですが、どうしてそういった事が起こるのかを知ることで予防や改善の手がかりをつかむ事が出来ます。
皮脂が詰まるには理由があります。スムーズに排出されないレベルで大量の皮脂が出ている場合や毛穴の付近の角質が過剰に厚くなり皮脂が出にくくなっている事もあります。

すると行き場を失った皮脂は毛穴にとどまりニキビを作る原因となります。他にも間違ったスキンケアや肌に合わない化粧水を使用している場合も同様にニキビの原因になります。
他にも生活習慣なのか、食生活なのか、ストレスからくるものなのか、遺伝的なものなのかを知る事はニキビケアをしていく上で大変重要です。

ニキビ予防

ニキビは作らないようにしなければ一生悩まされることになります。
大げさに聞こえるかもしれませんが、学生時代のニキビが治らず大人になってもニキビで悩みあげくニキビ跡ででこぼこした肌に悩む大人もいます。

そうなる前にニキビを予防してつくらないようにしましょう。ここでは洗顔や保湿といった基本的なケアでは無く食品や生活習慣などスキンケアだけでは無い予防法を紹介します。
穀物酢やリンゴ酢などはアミノ酸がコラーゲンの原料になるので肌のバリア機能を高めます。またビタミンCの働きを助けてくれます。

ビタミンCは強い抗酸化作用で肌を傷つける活性酸素から守ってくれるので非常に肌にいいものです。しっかり予防してきれいな肌を作りましょう。